FC2ブログ
プロフィール

サインワークス

Author:サインワークス
横浜の看板屋 サインワークス

横浜で看板屋を営んでいます。
看板各種、タペストリー、ステッカー、フライヤーなどの販促ツールを取り扱っていますが、なぜか、商売にしなければならない仕事の道具で休みの日は趣味の車イジリ!

業務状況
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- -- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comments(-)
こんなツールが画質品質の肝
大型出力機(溶剤プリンター)は日々のメンテナンスが大切。
非常に面倒で、メンテナンスを怠るとそれがすぐに画質品質に跳ね返って来る。

近頃、ちょっと満足のいく画質が得られるまで時間を要していた。
これは仕事の効率が激しく悪くなるので
ここいらで、ちょっと調整をガッツリと行う。

調整項目は多岐にわたるが、要するにインクは特殊だけれど
民生機プリンターの巨大版でさらに稼動部分が多く
調整にはシビアな精度が要求される。

正直面倒。

でも妥協は嫌い。(それが仇になる場合も(~_~;)
って事で、本日調整を行った。

非常に激しく疲れたが
やっと満足の行く出力結果が短時間で可能となりました。

その調整に重宝するのがマイクロメーター。

よくTVとかで頭髪チェック(~_~;)なるCMが放映されるけれど
それに出てくる顕微鏡のような物の工業版を使い
プリンターヘッドのノズルから打たれるインク粒の着弾位置を調整する。
凄く、地道な作業だけれどこれを調整する事で綺麗で高画質な
出力結果が得られる。

案外、大型の溶剤プリンターで高画質、色再現性を追及するのは大変(~_~;)


インク粒の着弾テスト


マイクロスコープ

スポンサーサイト


2007.02.10 Sat | お仕事 | T:0 | C:0
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。